女性

お手軽カンタン自動販売機の設置|最新ビジネストレンド

新しいものがベスト

赤い自動販売機

自動販売機にかかる費用は

自販機飲料メーカーに土地貸しをして、販売手数料を受け取る場合、基本的に自動販売機の設置費用はかかりません。月々数千円の電気代は負担する必要があります。設置した自動販売機の売上の内、20%程度が販売手数料となります。設置の際、赤字のリスクを減らしたい方にはこの方式がおすすめです。自分で自動販売機を設置して運営したい場合、まず設置する本体の料金がかかります。購入する場合、中古の格安品で20万円程度から、高機能・省エネタイプの新品であればその料金は100万円〜となります。月々1万円〜のリースも可能です。他、飲料の仕入れ料金が必要となります。当然、電気代も自己負担となりますが、土地貸しタイプとは違って諸経費を除いた売上は全て収入となります。

自販機設置の今と昔について

以前と比べ、自動販売機の設置方法は多様化しています。自販機飲料メーカーや、設置業者の依頼によって、地主が土地を貸し、設置された自動販売機の売り上げに応じて販売手数料を受け取るフルオペレーション方式の他、自動販売機の管理を地主が行うセミオペレーションという方式もあります。フルオペレーション方式での設置を希望する場合、インターネット経由で申込み申請ができたり、問い合わせができるメーカーも増えました。自動販売機を設置する際、固定費となる電気料金は低いに越したことはありません。自動販売機も省エネ化が進んでおり、年々その消費電力は下がっています。そのため、なるべく年式の新しい自動販売機を導入すると良いでしょう。

Copyright© 2015 お手軽カンタン自動販売機の設置|最新ビジネストレンドAll Rights Reserved.