女性

お手軽カンタン自動販売機の設置|最新ビジネストレンド

電気代や費用を知る

自販機

自動販売機を設置する際の費用は設置方法によって異なってきます。その設置方法については大きく3つに分類されます。1つ目はフルサービス方式と呼ばれる方式で、この方式では商品の補充や自動販売機のメンテナンスなどすべて業者などがやってくれます。その為この方式で必要になる費用は土地代と電気代だけになります。2つ目の方式では自動販売機を購入したり有償リースで設置する方法です。この場合は商品の補充やメンテナンスなどはすべて自分で行う必要があり、それらの費用や土地代、電気代が必要になります。最後の3つ目の方式は上記2つの方式の中間方式で、メンテナンスは業者がやってくれますが商品の補充は自分が業者から仕入れる必要があります。その為費用は土地代や電気代の他に、商品の仕入れ代が必要になります。これら3つの方式で共通の費用となる電気代については自動販売機1台当たり、1月で約2000円から3000円程の費用がかかります。以上が自動販売機の設置の際の費用になります。

現代日本に存在する自動販売機にはいくつもの種類が存在し、それぞれが異なった特徴を持っています。最も代表的な機種としてはヒートポンプ式の機種が挙げられます。ヒートポンプ式の機種はエコ給湯器などに用いられている空気中の熱を利用する機能を持っており、そのような機能を持つことから月々の電気代が安く済む特徴を持っています。次の機種としてはピークシフト自販機というものが存在します。この機種は日中は運転せずに、電気代の安くなる夜間に運転を行って商品を冷やす機能を持っています。このため電気代は上記のヒートポンプ式よりもさらに電気代が節約され、地球環境に優しい機種として知られています。この他にも自動販売機にはいくつかの機種が存在し、それぞれが違った特徴を持っています。

Copyright© 2015 お手軽カンタン自動販売機の設置|最新ビジネストレンドAll Rights Reserved.